バイナリーオプションで勝ちやすい「おすすめの時間帯」とは?

バイナリーオプションの都市伝説的な噂として
「夜に取引をすると負けやすい」
というものがあります。

実際にそのような、時間帯によって勝ちやすい、負けやすいということが
あるのでしょうか?

そこで今回は、なぜそんなことが言われるのか?
その可能性について解説していきます。

取引をしてはいけない時間を知る

時間帯ごとの特徴を知る前に、まずは取引をしてはいけない時間があることを
覚えておきましょう。

下の時間では、急な値動きが起こったり、いつもとは違う動きをしたり、
予想が難しく、負ける可能性が高くなります。

予想が困難な時間については、以下の通りです。

節目時間

節目時間は「9時」「10時」などの各時間の節目となる時間帯を指します。
節目時間では急な値動きが起こりやすく、節目時間によって対策が変わるので、
しかっりと各節目時間について覚えておきましょう。
※日本時刻で記載しています。

エントリーNGの節目時間

・9時、16時、21時
マーケットオープンの節目時間の為、値動きが荒くなります。

・10時
9時55分に仲値が発表になる為、値動きが荒くなります。

・15時
日本株の取引終了、東京オプションカット(※)、
フランクフルト取引所のマーケットオープンの為、値動きが荒くなります。

・23時
ニューヨークオプションカットの為、値動きが荒くなります。

・24時
ロンドンフィックス(ロンドンの仲値発表)により、値動きが荒くなります。

※オプションカットでは、市場の行使期限のオプションが消滅する影響で、
突然値動きが荒くなることがあります。

エントリーOKの節目時間  

日本時間:11時、12時、13時、14時
ロンドン時間:17時、18時、19時、20時
ニューヨーク時間:22時、25時、26時


こちらは、FX等の時間指値(1時間ごとの予約取引)や
1時間足でのトレーダーによる値動きが懸念されるため、
急な値動きが起こりやすいです。

絶対にエントリーしてはいけない時間ではありませんが、
初心者の方や自信の無い方エントリーを止めておきましょう。

祝日

祝日は世界中のトレーダーが敬遠し、トレードを行わなくなり出来高が少なくなります。

また、投資家の心理もいつもとは変わって、通常とは違う相場の動きをしやすくなるので、
祝日のエントリーは避けておきましょう。

世界の祝日は、下記のサイトから確認が出来ます。

https://jp.investing.com/holiday-calendar/

特に日本、アメリカ、イギリスが祝日の場合、
その日1日エントリーは禁物です。
上記の国は為替市場で強力な力を持っており、
世界中のトレーダーがトレードを敬遠し、
予想しづらい相場となる為です。

また、オーストラリア、カナダが祝日の日は、
この2カ国の通貨ペアの取引量が少なくなり、
チャートがあまり動かくなります。
その影響で、僅差で負けやすくなるので以下の通貨ペアは
エントリー禁止がおすすめです。

【オーストラリア:AUDの関連通貨ペア】

  • AUD/JPY
  • AUD/USD 
  • GBP/AUD

【カナダ:CADの関連通貨ペア】

  • CAD/JPY
  • USD/CAD

経済指標のある時間

大きな経済指標がある時間
取引前に今日はどんな経済指標があるのか、
いまがその時間じゃないか、
必ず確認してから取引を行うようにしましょう。

以下のサイトから経済指標の時間を確認することが出来ます。

・Yahoo!ファイナンス

https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/http://goo.gl/YtRsu0

・羊飼いのFXブログ

http://kissfx.com/

・Yahoo!ファイナンスでは「2つ★」
・羊飼いのFXブログでは「Cの指標ランク」

上の2つの条件に当てはまる時間帯の、
前後30分はエントリーしてはいけません。

この時間帯では、大きく相場が変動するため、
テクニカルが効きにくくなります。

また、要人発言(黒田日銀総裁や、バーナンキ元FRB議長等)
のある時間の前後30分も、同じようにテクニカルが聞かなくなるので、
注意が必要な時間です。

世界の取引市場の時間を知る

時間帯によって特徴が生まれる大きな要因の一つが、
世界の外国為替取引所が取引を行う時間です。

外国為替取引所は世界中にあって、
5つの市場でまとめられています。

その5つと、該当国は以下の通りです。

  • オセアニア市場・・・オーストラリア・ニュージーランド
  • アジア市場・・・日本、中国、シンガポール、バーレーン
  • 欧州市場・・・ ドイツ、スイス
  • ロンドン市場・・・イギリス
  • ニューヨーク市場・・・アメリカ

その中でも各国の市場の開場する時間によって、
以下の4つに分けてみます。

  • オセアニア時間・・・日本時間:5:00〜
  • アジア時間・・・日本時間:8:00〜
  • ロンドン時間・・・日本時間:16:00〜
  • ニューヨーク時間・・・日本時間:21:00〜

※こちらは夏時間です。冬時間は+1時間で考えてください。

日本・ロンドン・ニューヨークは世界3大外国為替市場と言って、
他の取引市場よりも取引量や市場参加者が多いので、
この3つが開いている時間帯は取引が活発になります。

また、相場の動きも大きなものになります。
日本時間の9:00〜15:00は、オセアニア時間・アジア時間の中に
日本市場が重なり、
同じく日本時間の21:00〜2:00は、ロンドン時間・ニューヨーク時間の中に
ロンドン市場とニューヨーク市場が重なるので、市場参加者が多くなる時間帯
なります。

この市場参加者が多く、値動きが活発な時間のことを
「コアタイム」と呼びます。

ここまでで、昼には昼の、夜には夜のポイントがあることが
分かってもらえたと思います。

この二つに大きな差はありませんが、ここで注目しないといけないのは
「時間帯によって活発になる通貨ペアが違う」ということです。

時間帯によって動きが活発ではない通貨ペアを選んで取引をすると、
動きがあまりなく予測が困難なので、負ける確率が高くなります。

なので、自分が取引を行う時間帯には、どの通貨ペアが活発になるか
知っておくことが大事なんです。

時間帯ごとの値動きの特徴

オセアニア時間の値動きの特徴

こちらは市場参加者が少なくて、ゆったりとした値動きが特徴です。
しかし、関連通貨は相場の方向性が作られる事がたまにあります。

また土日に値動きに影響するような出来事があると、
その反動でスタートから大きな値動きをすることがあるのも特徴です。

・関連する国
ニュージーランド・オーストラリア・日本・中国

・関連する通貨
AUD・NZD・JPY

・活発になりやすい時間
日本時間の5:00〜14:00

アジア時間の値動きの特徴

そしてこの時間ではアジアの指標発表が多くあるので、
関連通貨の値動きが活発になりやすいです。

また、夕方意向に開場する関連通貨は落ち着いた値動きになりやすい特徴があります。

・関連する国
日本・中国・オーストラリア・ニュージーランド

・関連する通貨
JPY・NZD・AUD

・活発になりやすい時間
日本時間の9:00〜15:00

ロンドン時間の値動きの特徴

市場参加者が増えてく時間でもあるので、値幅も大きくなります。
「あ、値動きが変わった」と実感するほど活発なことが分かると思います。

この時間までで、夜の相場の方向性が決まっていく時間と言えるでしょう。

・関連する国
ドイツ・スイス・フランス・アメリカ・イギリス

・関連する通貨
GBP・EUR・CHF・USD

・活発になりやすい時間
日本時間の16:00〜2:00

ニューヨーク時間の値動きの特徴

市場参加者が最も多い時間です。
アメリカの経済指標もこの時間集中してくるので、

急で大きな値動きがあるのが特徴です。
朝に向かうにつれて、落ち着いた値動きなっていきます。

・関連する国
アメリカ・フランス・スイス・ドイツ・イギリス

・関連する通貨
USD・GBP・EUR・CHF

・活発になりやすい時間
日本時間の21:00〜3:00

このように、通貨ペアによって活発になる時間が違うのが分かります。
この「時間ごとの特徴」を見極めて、それに合った通貨で取引をしていくことが
バイナリーオプションでは大切ということです。

結局、バイナリーオプションで勝ちやすい時間帯はあるの?

ここまでで、時間帯ごとに値動きと通貨ペアに特徴があるここが
分かってもらえたと思います。

その中でも狙い目の時間帯はいくつかあるのですが、
比較的相場の動きが安定している午前中は戦いやすいのは事実だと思います。

その理由は、あまり値動きが少ない時に極端な動きをした際、
元に戻る傾向があるので、その性質利用して予測が立てやすいからです。

具体的な時間帯とすれば、10時ぐらいがおすすめでしょう。
午前9時に日本の市場がオープンし、しばらくは相場に活気がでます。
この相場の動きが激しい時間帯に取引することで、
初心者の方でもトレンドなどが予想しやすく、勝ちやすくなります。

もう一つのねらい目は、 日本・ロンドン・ニューヨークの
世界3大外国為替市場がひらいてる時間です。

この時間帯は、取引が活発になります。
それにより相場の動きが大きくなり、初心者の方でも予測しやすくなります。

まとめ

ここまでで、
「夜に取引をすると負けやすい」のではなく、
「その時間帯の値動きの特徴を知り、それに合った戦い方をする」

事が大切ということが分かっていただけましたか?

人によって得意な時間帯が違ってくると思うので、
自分が今行っている時間で思うような結果が出ない場合、
一度取引時間の見直しをしてみるのも作戦の一つだと思います。

しかし、どんな場合にも エントリーした時の結果は、
勝ち負け問わず記録に残し、それをもとに分析を行うということは
忘れないようにしてください。

そうすることで、本当に自分の得意な時間が分かり、
その中でもより勝ちやすいタイミングでの取引が行えるようになります。

最後に参考までに、それぞれの時間帯におすすめの通貨ペアを
まとめておきます。

【朝~夜(6時~18時)のおすすめ通貨ペア】

  • AUD/JPY
  • AUD/USD
  • AUD/NZD
  • NZD/JPY
  • NZD/USD

【夕方~夜(18時~6時)のおすすめ通貨ペア】

  • EUR/GBP
  • EUR/CHF
  • EUR/USD
  • EUR/JPY
  • GBP/CHF
  • GBP/USD
  • GBP/JPY
  • USD/CHF
  • USD/JPY
  • CHF/JPY

最初のコメントをしよう

必須