ハイローオーストラリアの口座凍結!解除方法を徹底解説!

バイナリーオプションについてネットで知れべていると、
「口座が凍結した!」
などとと書かれているのを見かけます。

本当に口座が凍結してしまったら、そこに入れている自分のお金が
どうなってしまうのか?とても不安ですよね?

でも、その原因が分かれば凍結することはありませんし、
対処法を知っていれば焦る必要もなくなります。

そこで今回は、ユーザーの数が多い「ハイローオーストラリア」を例に
口座凍結の原因と対処方法について解説していくので、
しっかりチェックしてください!

口座凍結の原因

口座が凍結する原因については、
ハイローオーストラリアの公式サイトに詳しく記載されています。

その原因は以下のようになります。

・本人確認が終わっていない
・本人確認が終わっていない
・クレジットカードで他人の名義のカードで入金した
・有効期限切れ、停止、盗難、紛失中のカードを使用した

こういった、手続き上の不備が確認された場合には
口座が凍結されて、一時的に使用が出来なくなります。

口座凍結の対処法

「凍結」の場合は、手続き上の不備が原因なので、凍結された場合でも、
「口座が凍結されたので、〇日までに出金してください」といった
内容のメールが届き、その期間内であれば出金は可能なので安心してください。

その後は、凍結の理由をハイローオーストラリアのサポートに問い合わせてみるのがいいでしょう。

ネットでも解除する為の方法が色々と書かれていますが、
凍結の理由をハイローオーストラリアに聞くのが一番確実です。

原因が解決されれば、口座は復活します。

また、クレジットカード会社が「不正な取引をしているのでは?」
と判断して利用を止めている場合は、クレジットカード会社に連絡しましょう。

ハイローオーストラリアでのバイナリーオプションは、
不正でもなんでもないので、それを伝えれば利用停止も解除してくれます。

クレジットカードが利用可能になれば、ハイローオーストラリアの口座も
再び利用可能になります。

強制解約について

こちらは手続き上の不備ではなく、
取引において何らかの「不正」が認められた場合に
口座の凍結ではなく「強制解約」が行われることがあります。

「口座凍結」「強制解約」の大きな違いは

・口座凍結は原因を取り除けば、まだ取引が可能なる状態
・強制解約は再利用が出来ない状態

ということです。

以下に該当する場合は、
強制解約されてしまう可能性があります。

・レートの遅延やフロントランニングを狙った取引
・業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると
 弊社(ハイローオーストラリア)が判断する場合
・クレジットカードの乱用が認められた場合
・取引額と比べ、入金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合
・本人確認書類や公共料金、郵便物等にねつ造を施した場合
・同一人物が複数の口座を開いたことが確認された場合

不正を行わず、ルールを普通に守っていれば強制解約になることはないので、
安心して取引を行っていきましょう。

ただ、自動売買ソフトの利用や、複数の口座を開いたなど、
自分では不正と気づかない場合もあるかもしれないので、
こちらの項目については必ず頭にいれておいてください。

ネットの噂はホント?

ネット上では「○○をしたら使えなくなった!」といった、
嘘かホントか原因が気になるコメントがあります。

ここからは、その噂の真相について解説していきます。

連打したら凍結した

「連打」とは文字通り、1つのポジションで連打をして、
何度もエントリーをすることを言います。

すべて勝つことが出来れば、
一瞬で利益を出すことが出来るので、
勝てる根拠が強い時などには使う人も多い手法の一つとも言えます。

しかしこの手法だと、ハイローオーストラリア側が
「自動売買ソフトを使ってるんじゃない?」
と判断されて、口座が使えなくなったと予想されます。

最近では1度に〇回までしか連打が出来ないという
取引額の上限が設定されているので、いきなり使えなくなる
ということはなくなりました。

勝ちすぎたら凍結した

確かに業者は儲けを出したいので、
勝たれるよりは負けてくれた方が嬉しいかもしれません。

ですが、勝ちすぎが原因で凍結させていたら、
トップトレーダーからの評判や信頼はがた落ちになり、
やがて誰も使ってくれなくなります。

なので、勝ちすぎが原因で口座が使えなくなるということは
ありません。

ただ、ネットの書き込みをよく見てみると
「短期間で一気に稼いだら凍結した」
という意見が多いようです。

つまり、先ほどの「連打」と同じように
「短期間でこんだけ一気に稼いだってことは、
自動売買ソフト使っているのでは?」
と判断されて凍結されたと考えるのが妥当でしょう。

単純に勝ちすぎたからという理由で、
凍結されたわけではないということです。

こちらについても、取引額の上限が出来ているので、
最近ではあまり起こらないようです。

ただ、口座残高が一定の金額を超えたら、凍結する可能性があるようです。
その基準となるのが1000万。

これも定期的に出金されていないことが原因で、
生身の人間が取引をしていないと判断されていると考えられます。

1000万円を基準として、定期的に出金して銀行口座などに移すことを
おすすめします。

「転売」の機能をつかったら凍結した

判定時間前に清算をする「転売機能」というのがあります。

この機能を使うことで

・勝っているタイミングで転売すればプラス
(判定時間で勝つよりはペイアウト額は下がります)

・負けているタイミングで転売すれば損切

をすることが出来るので、うまく使えばほんの少しずつではありますが
利益を出すことも可能です。

この機能は不正でもなんでもなく
元々の機能として備わっているので、
使うだけで凍結というのはまずないでしょう。

ただ、「連打」「勝ちすぎ」同様、
何らかの裏技的な手法で機械が取引していると判断されるような
動きをしてしまった場合には、凍結さる可能性が出てきます。

こちらと同じような理由で、「HIGHとLOWを短時間で交互にBETする」
ということで凍結する場合もあるので、気を付けておきましょう。

同じパソコンで夫婦別アカウントで取引したら凍結した

自宅で同一のパソコンから、別アカウントで取引をした場合、
IPアドレスが同じになてってしまうため、「同一人物が複数の口座を持った」
と判断された可能性があります。

この場合もし解除できたとしても、やり方を変えない限り再び凍結します。

一番確実なのは、一人一台のパソコンで取引を行うことなので、
そのような対応策を考えましょう。

強制解約になった時の解除法

知らなかった場合でも、不正に当たる行為を行った場合には
解除するのは難しいと思います。

しかし連打などの行為で、「自動売買ソフト」と認識された
可能性がある場合は、その旨をハイローオーストラリアに伝えることで、
口座が復活する可能性があります。

諦めずに、ハイローオーストラリアに問い合わせてみましょう。

ただ、強制解約の一番の対処方法は、不正または不正と思われる行為をしない
ということを覚えておいてください

まとめ

凍結や強制解約された人の、ネット上での情報が元で
「バイナリーオプションの業者は詐欺だ!」
と勘違いしている人もいるかもしれませんが、
そこには必ず原因があるということが分かってもらえたと思います。

単純に凍結であれば、原因を解決すれば問題ありませんし、
普通に取引をしていれば、不正となり二度と使えなくなる
ということもないので、安心してバイナリーオプションを行ってください。

この記事にコメントする

必須

1件のコメントがあります